「Frosty tale弾いてみた」でのAmpliTube for iPad解説

2015.06.08 Monday 19:26
0
    前回記事 AmpliTube for iPad バージョン4早速試してみた での紹介に続き、
    先日ニコニコ動画に投稿した 風呂上がりにFrosty tale自分で弾いてみたよ では
    この AmpliTube for iPadで音作りとコントロールをおこないました。

     

    まずAmpliTubeの画面その1。
    AmpliTube PreFX
    基本的な歪みサウンドは下半分のアンプシミュレート部で作っています。
    原曲でもMarshallモデリング的な音色を使用していたので、雰囲気近いMarshall風のアンプモデルを選択しました。
    上半分のペダルエフェクト部では、画面では4つ配置されていますが実際使ったのは一番左のブースターだけです。
    ここに並んでいるエフェクトは「プリFX」なので、信号がアンプ部に入る”前”にかかります。
    ブースターは単純に音量をコントロールするものなので、ここでは結果アンプに入る音量すなわち
    「歪みの度合い」をコントロールしています。

    そして画面その2。
    AmpliTube PostFX
    「画面その1」の、ペダルエフェクト部右側の「POST FX」アイコンを押すとこちらに切り替わります。
    これがバージョン4で新搭載された待望の「ポストFX」機能です。
    アンプ部を通った”後”の信号にエフェクトをかけることができます。こちらは最大2つまでです。
    ここではグラフィックEQ(音質変化+ブースト)とディレイを配置しています。
    いずれもギターソロ用です。

    で、今回のキモ iRig BlueBoardです。
    BlueBoard
    iPad等とBluetooth接続してMIDI信号のやりとりをするとゆー代物。
    AmpliTubeはMIDIによるパラメータコントロールに対応しているので、
    iPadの画面をタッチせずともBlueBoardを使って足元でリアルタイムに操作が可能です。
    (いずれもIK Multimedia製なので当然っちゃ当然ですが)
    今回はBlueboardに装備された4つのボタンの他に、連続パラメータ変化がおこなえるよう
    エクスプレッションペダル Roland EV-5を外部コントローラポートに接続しました。
    MIDIキーボード用のを転用できるので超便利(^-^v

    BlueBoardのAmpliTubeへの割り当ては以下のとおり。
    ・ボタンA:プリFX ブースターのON/OFF
    ・ボタンD:ポストFX グラフィックEQおよびディレイ両方のON/OFF
    ・エクスプレッションペダル:プリFX ブースターの増幅量の増減
    エクスプレッションペダルはペダル本体のMINIMUMツマミを使ってブースターのパラメータの最小量が
    12時くらいになるように調整。


    以上のように設定して、いざ演奏。
    前奏:ボタンA ON、ペダル最小(ブースト量・中)
    Aメロ:ボタンA OFF(ブースト量・0)
    Bメロ:ボタンA ON(ブースト量・中)
    ギターソロ:ボタンD ON、ペダル最大(ブースト量・大、EQ&ディレイON)
    ギターソロ終わり:ボタンD OFF、ペダル最小(ブースト量・中、EQ&ディレイOFF)

    ……という感じで、演奏しながら実際のエフェクターのように
    リアルタイムにエフェクトを操作しておりました。

    ちなみに、今回BlueBoardは「コントロールチェンジモード」を使って
    各エフェクター等のパラメータを操作するやり方でしたが、
    もうひとつ「プログラムチェンジモード」というのがあって、こちらだとボタンを踏むことで
    あらかじめ作っておいたパッチそのものを切り替えるということが可能になります。
    (4ボタン=4パッチ設定可能ってわけですね)


    バージョン4になり利便性とクオリティがアップしたとされるAmpliTube for iOS、いかがでしたでしょう?
    今回はアプリ紹介の面もあったので出音すべてをAmpliTube上で賄いましたが、
    ヘッドアンプ・キャビネットともにそれぞれバイパスすることもできるので、
    ギターアンプに接続して純粋なエフェクトボードとして使うことも可能だったりして、
    ますますスタジオやライブでの活躍が視野に入ってくるのではないかなとけんせいは思っています。
    これからも楽しみですね!


    AmpliTube for iPad (App Store)
    AmpliTube for iPhone (App Store)

    IK Multimedia | AmpliTube for iPad (公式)


     
    category:制作環境 | by:けんせいcomments(0)trackbacks(0) | -

    AmpliTube for iPad バージョン4早速試してみた

    2015.05.20 Wednesday 18:03
    0
      AmpliTube for iPad

      iOS版AmpliTubeバージョン4試してみた!
      確かに、出音そのものは向上したように感じられる。ビジュアル重視のUI変更も◯。
      ストンプの並べ替えやポストFXの実装はもう待ってましたとしか。
      動作環境は初代iPadなど一部は切られたようですが、自分のiPad3でもまだまだ快適。
      Ultra-lowレイテンシでも大丈夫。

      ただ新機能として大々的にフィーチャーされていたいくつかの機能がApp内課金というオチにガックリ…
      特にCabマイキングがアンロック1200円には歯軋り。
      これを当てに導入検討中の方はご注意を…

      そしてそろそろ本体マイク端子を使ったタイプのインターフェースに限界を感じる(主にノイズ的に)。
      ここがデジタル式に変えられれば何とか実用レベルかなーーー…?


      ちなみにBlueBoardも持ってるのでフットコントロールもバッチリなのです。ふふふ。
      iRig BlueBoard

      AmpliTube for iPad (App Store)
      AmpliTube for iPhone (App Store)

      IK Multimedia | AmpliTube for iPad (公式) 
      category:制作環境 | by:けんせいcomments(0)trackbacks(0) | -

      徳島と神戸。

      2014.10.15 Wednesday 04:17
      0

        自分にとってはとっても長い長い旅だったように思えて、言いたいことも長くなりそうだったので
        久々にブログで投稿しようと思います。
        色々ありすぎてなかなか気持ちに整理もつかなかったのでちょっと遅くなってしまいました。

        まずは10月12日、徳島マチ★アソビ!
        5月ぶりに民安★ROCKとしてまたまたステージにお邪魔させてもらっちゃいました。
        今回は前回の南公園ステージから変わって東公園ステージ。
        新町川をバックにすり鉢状の客席が特徴的な面白いステージでした。
        遠くから追っかけてきてくれたまいどの皆も、はじめましての方もよーく顔が見えてましたよ!
        (川を走るボートや対岸も!笑)
        マチ★アソビ主催さんの英断で、3日間にわたるイベントを前2日間に圧縮されたことで
        民安★ROCKも熱い声援のなか1時間、存分にパフォーマンスをおこなえました。
        臨機応変に様々な対応をしてくれたマチ★アソビスタッフの皆様、
        はじめて民安★ROCKを見たのに一緒に声を上げて手を振ってくれた地元の皆様、
        その先導となってコールを引っ張ってくれた皆様、
        そして当日まで相変わらず右も左もわからない我々をあの場所までご案内してくださった方。
        すべての周りの方々のおかげで、ほぼ満点といえるライブができたように思います。
        (減点はお前のギターソロだ!はいすみません!)
        本当に気持ちよかった。ありがとうございました!

        物販もおかげさまで好調で、BEST盤やフード付きタオルなど新作を含むグッズ類、
        持ち込み分すべてが完売となりました!
        欲しかったのに買えなかったものがあった…という皆様、申し訳ありませんでした。
        うかつに持ち込み数が少なかったというわけではなく、車だったので積載の限界はありましたが
        可能な限りは持参していたので、まさにご好評いただいたという状況でした。
        本当にありがとうございました。なるべく急いで通販等ご用意したいと思います(汗



        続いて、明けて10月13日、神戸ワンマン。と、いきたかったのですが。
        接近する大型台風19号による影響が懸念されたため、開催中止とさせていただきました。

        運営公式としてじゃなく、あくまで個人の言葉としてね。
        マチ★アソビのステージを終え、徳島を発ち本州の拠点に入ってから、
        メンバーの皆と話して、会場のVARIT.様と相談して、情報を集めて、
        またメンバーと話して、会場と相談して……
        何か方法があるんじゃないか?台風がいきなり逸れたら?来場しようとしてくれている皆はどうしてる?
        ずーっと延々繰り返して、まだ何か、まだ何か…って考えてました。
        そのせいで、決断が遅めになってご迷惑をおかけしてしまった点は多分にあったと思います。
        ここは今回の重大な反省点です。本当にごめんなさい。

        演者としてステージに立つ者であることと、運営代表として公演の責任者であることが
        激しくぶつかり合ってこんなにしんどいと思ったのは初めてでした。
        特にこの神戸公演は、民安★ROCKがフリーに戻って初めてのワンマンであること、
        そして関西地区でライブをして伝えたかったことがあったことがあって、
        メンバーは口には出していなかったけど、たぶん皆その思いがあって、
        自分も演者だからそこで気持ち繋がってしまって、「諦めたくない」が前に出てしまう。

        やっぱりいつも近くにいるから、メンバーが好きだ。
        でも同じくらい、こっち見て支えてくれる皆が好きだ。
        いつも無茶言っても文句一ついわず手伝ってくれるスタッフが好きだ。
        開催まで親身になって相談に乗ってくれたり最高の環境を作ってくれるライブハウスが好きだ。

        だから、中止にしました。
        中止にすれば、すべての人の安全が確保される。遠征滞在組も脱出できる。
        皆帰れるから翌日の心配もない。
        僕らのワガママのために、これらのリスクを好きな人に背負わせるのは乱暴だって判断しました。
        あの日、皆が十分安全に帰宅できていて翌日の生活が通常通りおこなわれていることが僕らの命題でした。
        これは達成できているでしょうか?
        中止で泣いた人もいる。けど、無理をしたためにそれ以上につらい目にあった人はいないはずです。

        とにかく最大の反省点は、主催としてトラブルシューティングができていなさすぎたこと。
        正直、今回のようなケースは民安★ROCK始まって以来で(少なくとも主催では)、
        いろいろ甘く見ていたところは否めません。
        今後のフォローも含め、ここは教訓として活かしたいと思います。

        余談ですけど、予定より1日早めた帰路。
        最初は人に見せられぬほど落ち込んでいましたが、
        道中読んでいた皆のTwitterの言葉に心温まりつつ、
        実は立ち寄った会場のVARIT.様のスタッフさんと会ってお話ができ、
        さらに本来その日宿泊するはずだったホテルでとんでもない神対応をされ、
        泣きながら帰りました。
        おかげで、道中でだいぶ元気を取り戻せていました。

        「きっと」なんて生ぬるい言葉じゃなく、神戸でワンマンやるから。
        待っててください。
        中止にするっていう義務と権利を使ったから、やるっていう決裁をさせてもらいます。

        ただ、物事の順序の問題で、
        振替公演の日時決定→チケットの扱いの決定→ご案内
        という流れでおこなわないといけないので、いましばらくお待ちくださいね。


        さあー、全部書いたので凹むのはここまでだ。
        一日転がってそれとなく整理がついたので、また前向きにいくとします。

        事前に神戸に送っていてそのまま返ってきて家の廊下と玄関を埋め尽くす
        荷物の処遇をどうするかから始めます(笑)
        category:雑記 | by:けんせいcomments(0)trackbacks(0) | -

        iBUFFALO Bluetooth超小型ヘッドセット BSHSBE18

        2014.07.23 Wednesday 04:24
        0
          Twitterでもちょっと書きましたが、
          元々通話用のガラケーとiPhoneを2台持ちして用途を分けていたのですが
          最近通話もiPhoneに移行して携帯電話の役割を集約する動きをしています。
          その過程で気づいたのが、ハンズフリーで通話するとあまり作業や行動が切れず快適に感じるということ。
          非常に電話が苦手であったけんせいにとってこの発見は革命的で、
          どうやらその原因が作業の手が止まったり自分の時間が切り取られ拘束されることにあった、
          ということに気づくほどでした。

          で、しばらくはApple純正のリモコンイヤホンマイクで運用していたのですが
          これはこれでもちろん大層便利ではあるものの、リハーサルやライブに出掛ける事が多いと
          ギターにエフェクター、ショルダーバッグにカート…等々、担ぐ荷物もごっちゃりして
          ケーブルが邪魔になったりiPhoneの本体操作が煩わしく感じるなどの障害もついてまわり、
          特にリハ・打ち合わせ・現場仕事が続く時期が重なったこともあって
          キビキビと電話対応するためには、こりゃ何とかせんと…と思い購入に至ったのがこれ。

          Bluetoothヘッドセット『BSHSBE18』です。

          iPhoneImage.png


          基本的には何てことない普通のBluetoothヘッドセットです。
          この機種を選んだのは、店頭で見て安価であったことと小さく目立たないだろうと思ったから。
          特徴としては、
          ・カナル型・片耳 ※S/M/L3サイズのイヤーピース付属
          ・メインボタン ※通話&終話操作。再生停止は不可?
          ・音量+ーボタン
          ・左右両対応のイヤーフック付属(取り外し可能)
          ・Bluetooth Ver 3.0+EDR対応
          ・microUSB端子から充電
          ・2台の機器まで同時待ち受け可能
          ・マルチペアリング8台まで
          ・プロトコルは音楽とハンズフリー両対応

          まあこういう価格帯のモノなので、コストパフォーマンスが勝負かなと。
          どんなもんでしょうか。

          【Good】
          ・意外と音が良い
           所詮通話用よなと舐めてかかったら、なんとまあそこそこ。
           ただ片耳なのでじっくりリスニングというわけにはいきませんが、
           音楽を聴く上でそれなりに低域までバランスよく鳴ってくれます。
           インターネットラジオ等にはわりと適。
           なおマイク側も特に通話相手からクレームもなく良好の模様。
          ・軽くて小さい
           見た目通り小さいのはもちろん、軽いので頭ちょっと振ったくらいでは飛んで行く感じはしません。
           イヤーピースをちゃんとフィットするものを選べばフックもいらないかも。
          ・カラーバリエーションがそこそこ
           6色展開。選ぶ楽しみって大事だと思います。
           得てしてガジェットは無機的な色ばっかりなのでポップな色が用意されている機器は個人的には好き。

          【気になる】
          ・充電ポートのキャップのハマりが硬い上にスリットが細い
           爪で一度も開けられたことがありません…
          ・電源ON/OFF時の操作音が小さい
           雑踏の中だとちゃんと操作できたのかが確認しづらいです。
          ・遮蔽物に弱い
           これが結構キツイ。
           本機を左耳に装着と仮定して、
           +ズボン右ポケット ×途切れる
           +ズボン右尻ポケット ××ほぼ切れる
           +ズボン左ポケット ◯問題なし
           +ズボン左尻ポケット △時々途切れる
           +左シザーバッグ △体勢により途切れる場合あり
           自分の肩とか頭の向きによって通信状況が安定しないのは、もうちょっとどうになならなかったのか…


          【結論】
          値段なり。
          1000円台ならまあ…ってところだと思います。
          どちらかというと長く愛用する類のものではなく、出先のドンキ等で飛び込み緊急で調達するタイプの物かと…
          音質・登録台数・小型軽量・PCから充電、あたりにどれだけの価値を見出すか次第ってとこでしょうか。
          選んで買う、というのなら耳に入れたいコンテンツやデスク周りの環境とマッチするかしっかり検討すべきでしょう。


          今のところ、けんせいの外出には必携のアイテムにはなっています。
          デスクには常にmicroUSBケーブルが一本出てるし、自転車に乗る、ラジオを良く聴く、
          出先で仕舞っても邪魔にならない、と何かと都合が良い感じです。
          あとは耐久性かな…どれだけ壊れずに持ってくれるか、とりあえず使い倒してみようと思います。
           
          category:お買い物 | by:けんせいcomments(0)trackbacks(0) | -

          デフォルトの美学

          2014.07.18 Friday 03:16
          0
            20年近くPC・ゲーム機・スマートフォンとさまざまなデバイスに触れてきて、
            最近確信しつつあるのが「デフォルトが一番いい」ということ。

            当然、PCやスマートフォンなどは道具であるからして人それぞれ用途が異なるもので、
            その使い方に合わせて自分流にカスタマイズしていくのは必然でありましょう。
            しかしながら手を入れる部分が増えれば増えるほど、例えば予期しないシステムトラブルが起こったり、
            例えばやむを得ずデフォルト状態のPCを触らざるを得ないシチュエーションで苦労したり…
            なんて覚えありませんか?
            (ネカフェPCの、使い慣れないあのストレス!)

            もともとシステムに備わっていない機能を追加するのは仕方ないとしても、
            メールクライアントやブラウザ等、元々デフォルトで用意されているものの代替アプリを使うということが
            果たして本当に便利なのか?

            基本的にデフォルトで用意されているアプリはシステムの設計と深くつながっているため、
            メモリやプロセッサの管理がスマートであったり、アプリ間のデータの受け渡しにムダが無かったりするわけです。
            ここを代替アプリに差し替えることで、システムの設計つまり「このマシンはこう使われる」という想定から
            一歩ずつ離れていくということになり、同時に使用者が戻れなくなっていくのです。
            カスタマイズっていうのはこういうリスク(っていうほどのものでもないけど)を覚悟の上でやっていくものだと
            考えたほうが良いだろう、というのが僕の現時点における見解です。


            僕が実際最近やっていることはというと。

            [iPhone]
            ・メールをGmailクライアントから標準アプリに。
            ・カレンダーを手帳アプリから標準アプリに。
            ・Twitterクライアントを公式クライアントアプリに。
            ・ブラウザはSafariに一本化。
            ・UIが変わりすぎるEvernoteを切って標準メモアプリに。
            [Mac]
            ・Thunderbirdを切って標準アプリに。
            ・Winと同期していたため使っていたChromeを切ってSafariに一本化してiPhoneとの連携強化。

            …あたりでしょうか。
            基本的には環境設定項目でなんとかして、どうしても手が届かないところはツールの力を借りる、くらいの意識です。
            この恩恵は、今すぐ派手には現れないけどおそらく後からきっとジワジワ効いてくるはず。


            で。
            「そんなん言うても、標準のメールアプリやブラウザがクソ過ぎて使えんのじゃ!」
            というご意見もおありでしょう。

            この話の結論はそこなんですが、

            「無理してでも使いにくいデフォルト状態で使いやがれ!」

            じゃなくて、

            「デフォルト状態が使いにくいって設計上問題がありませんか?」

            ってことです。
            カスタマイズせずに便利に使えれば、それに越したことはないでしょ?って話。
            システムインストールした初期状態から、まずブラウザ入れてメールクライアント入れてランチャー入れて…
            って、そのデバイスのシステムは本当に便利って言えるのかな?

            冒頭の言葉をちょっと変えましょうか。
            「デフォルトが一番いい状態で使えるデバイスがいいデバイス」
            いかがでしょうか。


            以上、けんせいの個人的ないち見解なのでご参考までに。
             
            category:雑記 | by:けんせいcomments(0)trackbacks(0) | -